母の日の由来にはこんな物語があったんです!!

images

亡き母のために、カーネーションを配ったことがきっかけなんです。

母の日にカーネーションを贈るきっかけを作ったのは、アメリカ人
の少女アンナ・ジャービスです。
亡き母のために白いカーネーションを配ったことから、母の日にカーネーションを贈る習慣ができました

もともとは白いカーネーションだったのを、ご存知でしたか?

アメリカに住むアンナ・ジャービスという少女の母親が亡くなったのは、1905年5月9日のこと。
その3年後の1908年5月10日、アンナ・ジャービスはフィラデルフィアの教会で、亡き母を追悼するために白いカーネーションを祭壇に飾り、出席者にも配りました
白いカーネーションは、彼女の母が好きな花だったのです。

最初は自分の胸に飾っていた花を、やがて母に贈る習慣に・・・

この出来事をきっかけに1914年、5月の第2日曜日が母の日に制定されました。
当初は母親が健在な人は赤いカーネーションを、

母親が故人である人は白いカーネーションを自分の胸に飾っていました

それが、やがて母親本人にカーネーションを贈る習慣へと変化していったんですね^^
images

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イベント情報

2019年4月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
2019年4月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Count per Day

  • 65411総訪問者数:
  • 22今日の訪問者数:
ページ上部へ戻る